開運財布の選び方 厄年の厄除け開運財布!




厄年の七福財布 厄年厄除け祈願

人気の財布・売れてる財布

新年の始まりや、季節ごとの縁起を取り入れて運気をよくする思いを込めてお財布の買い替えをされる方はとても多いのです。「開運財布」はとても人気があり特に「長財布」は財布の中でも特に売れているということです。財布は毎日のように使うものですし、生活に必要なお金を入れておくものなので、お気に入りのお財布を持ちたいですよね。そんなお財布を買い替えるときのポイントを調べてみました。

財布の選びのポイント

財布の選び方は、とかく日本では「長財布」がお金を折り曲げないのでお金さんに気持ちよくいてもらうには良いとされています。色も風水などを重視する場合は、財を増やすなら、茶色、ベージュ、黄色、ゴールド、など縁起が良いとされていたり、財を守るなら 黒、反対に赤は赤字に通じるので敬遠されたり、素材も牛革がお金を増やすには良いとされています。

中身もレシートやポイントカードなどとにかくゴチャゴチャしていてはダメで、きちんと整理されていることが重要なようです。購入する時は、可能ならお金持ちの人からプレゼントされるといいとか、少し高めの値段のものを選ぶ、とか・・・

様々に財布選びのポイントがあるようですね。

開運財布に買い替えにいい時期は?

お財布の寿命はだいたい3年と言われていますが、くたびれてしまった感じのものはもっと早めに取り替えてもいいようですし、直感的に気に入った財布との出会いもあるかもしれません。秋に購入する財布は「空き」ではなく「稔り」財布らしいですよ。厄年に合わせて新年から切り替えるのもいいそうです。12月に買うお財布は「締めの財布」と、出費が減りそうな感じの話もあるようです。

なんでも気の持ちようかもしれないとも思ってしまいますが、毎日使うものですから気持ちよく使えるものがいいですよね。年末は特に宝くじを買う人も多いのでやっぱり「金運」にいい「金運財布」なるものがよく売れるようです。新聞の広告などでも時折見かけてつい見入ってしまいます。

財布の使い初めにしておきたいこと

使用初めは出来れば財布をセットするためにまとまったお金を少しの間入れておいて財布に記憶させて使い始めるといいとか・・・

でも、まとまったお金を入れておけるとは限りませんよね。銀行から帯付きの札束をおろしてこられるといいのですが、そうもいかない時に仕方ないから少額だけ入れて使い始める・・・せっかく買った新しい財布をすぐに使うのはお勧めできません!!

この時に「本物の札束」である必要はないそうです。

こちらは便利な「お札の元」。やっぱりよく売れているそうです。
札束のメモ帳なんてのも東急ハンズやロフトでも見かけました。100均にもおもちゃの少し小さめの札束メモがありましたよ。

お札の元

お札と同じ大きさの紙の束で代用できるそうで、その時に紙の束の一番上だけは「諭吉様」を乗せて、新しい財布にしばらく入れておくといいそうです。期間は決まっていませんが、暦には「大安」や「寅の日」など財布を使い始めるのにいい日があるそうです!

「天赦日」と言われる日が最強みたいですが、この日に当たるのは、1年間で5~6回しかありません。
詳しいカレンダーがある開運財布の財布屋さんが財布の選び方、処分の仕方、厄除けになる財布の選び方など詳しく書かれていますので、気になる方は是非参考にされてみてくださいね!

開運日が一目でわかる開運カレンダーはこちら

厄年の厄除け厄払い厄除け祈願

来年前厄に入る子どもがいます。私は自分が厄年の時に原付バイクに乗っていて車との事故で足の人体を切ってしまいました。その時には「厄年」なんてまるで気にもしていなかったのですが、今振り返れば「厄年」で起こったことだったんですね。乗っていた原付バイクは廃車になるほどの状態でした。

そんな経験があるので「厄年」には、特に身内の厄年には何か対策をしておきたいと思い調べていました。厄年の始まりは1月1日を境にするそうでちょうど新年の始まりになります。おめでたいはずの年の始まりに不安を抱えたままでは喜べませんよね。「厄年の厄除けの贈り物」などがあることを知って、厄除けになる何かいいものを探していました。

厄年に身に付けると厄除けになるものの条件

①長いもの
②七色のもの
③うろこ模様のもの

なのだそうです。。。
これらの条件には古くからのいわれがあり、こちらに詳しく書かれてありますので気になる方は読まれてみてくださいね。

なぜ七色は厄除けになるのか?

厄年の厄除け祈願プレゼント

先ほどの厄年に身に付けると厄除けになるものの条件をベースに作られているものを探すとなると、実のところあるようで、なかなか見つかりにくいんです。しかもいつも普通に身に付けやすいものの方がいいですよね。

習慣もしきたりもきちんと受け継がれていればいいのですが、私自身なにかぼんやりとしか伝わっていない気がします。だいたい歳の数え方からして、「かぞえで・・・?」「満年齢?」と、なってしまいがちです。生まれた年を0歳ではなく1歳としていることは知らない人もいますよね。その後は1月1日で1歳年を取るという数え方は普段はあまり使わないのでわかりにくいものです。

先日子どもに前厄の年が来ることを話したことがあります。

私『本厄の19歳の前厄で、来年あなたは18歳だから、18歳になる年のお正月から「前厄」が始まるから気をつけなきゃね!』

娘『は? まだ17だし・・・ヽ(`Д´)ノプンプン』

こんな感じでしたw

「厄年」を意識しすぎなくても、何気なく使えるものを探していたのですが さりげなくてもしっかりと身に付けて厄除けになるグッズ・・・

探し続けてやっと出会えたのがこちらのお財布です!

①長いもの(長財布)
②七色のもの(内側に七色の七色厄除け帯がついています)
③うろこ模様のもの(牛革にうろこ模様の加工が施されています)

厄年の七福財布はこちらから 厄年厄除け祈願




これから厄年を迎える方は「厄除け財布」などを使うと気持ちが和らぐかもしれませんね。
このお財布を実際に使った方の報告が多いので、何か流れがいい方にむかうのかもしれません。

実物証明付き高額当選情報

このページ、ついじっくり見てしまいます・・・(^▽^;)