アイロン台のリメイク ハンドメイド

断捨離できなくってリメイク

長年使ってきたアイロン台があります。どれくらい古いのかと言うと・・・20年w
何だか真ん中が凹んできたような・・・と思いつつ、アイロン台の上の布を作り変えて使っていましたが、最近窓際に置いていたら、結露ですごいダメージがあったんですw

捨てようかと思ってみたけど、とりあえずアイロン台が必要だったので、またまた表のカバーを変えることにしました。

⑴布を裁断

アイロン台のカバーを外します。
台を裏返して、紐で止めてある部分を切ってカバーを外す。
カバーの下に、フェルト状の布があるのでこれは再利用します。

その布を型にして、カバーにする布を広げた上に置きます。
その型の形をぐるっと線を引きます。
さらにその線から約4センチ~5センチ位外側に線を引き切り取り線にします。
周囲を適度にタックを入れながら三つ折りにして縫います。
ひも止めのある辺りをひも通し様に2センチほど開けておきます。

ゴム通しの道具や安全ピン、ヘアピン等でひもを通します。

アイロン台の上にフェルト状の断熱材を乗せその上に縫ったカバーを乗せて裏返して、
紐を締めつつアイロン台にカバーを取り付けて、裏返してひもをはじめに見たように括り付けるなどして完成です。

問題が!!

カバーは完成して使えるんですが、台が古すぎて中央部分がへこんで、平らになっていないwww

これはやっぱり新しいのが欲しいです!
今欲しいのは このタイプ!立体型スタンドタイプなら立ったままアイロンがかけられるので理想なんですよね。
アルミコートタイプがいいなぁ~。仕上げ馬付ならもっと便利なんだけど。