アトリエ D.moon

アトリエ D.moonの制作情報とライフログ&気になる情報のストックと発信です。

アトリエD.moon 雑貨

製作工程・シルバーペンダントヘッド

先日、取り急ぎ製作しました。
DM用の作品写真が必要の為間に合う作業工程が必須だったので、銀板からの切り出しでシルバーのペンダントヘッドを制作することに。
チョーカーの方がいいかな?

もっと早くから取り組めばよかったのですが、何かと時間は過ぎていきます。。。
こんな調子では制作数が間に合わないので、少し意識的に時間を作らなくてはw

デザインを決めて、軽くスケッチして本決めのラインを引きます。
モデルは飼っているハリネズミ達です。

それから、トレーシングペパーなどの薄紙でデザインをなぞり、カーボン紙を挟んで、銀板に下絵を写します。
今回はトレぺが無かったのでクッキングペーパーを使いました。

そのラインが消えないようにセロテープを貼ります。

このデザインは透かし模様にするので、糸鋸刃を通す穴が必要なので、ピンバイスの大きいの、ハンドドリルを使って穴を開けます。2,5ミリの銀板はなかなか穴が開けにくい・・・精密ドリルの刃が折れないことを祈りつつ・・・
久々に使う道具は・・・錆びてるwギシギシ音がして道具からクレームがきたみたい。
お手入れしなきゃ。。。

数か所穴を開けてから全体を切り出します。
糸のこの弓が小さいので銀板は左右から切り出す必要がありました。

糸鋸刃も0.3㎜を使います。気をつけないとすぐプチッっと切れてしまうので、糸の張り具合も感覚的な慣れが必要ですね。
しばらく作ってないと作業をしながらリハビリしている様な気になりました。記憶をたどりつつ・・・でも作業工程は身に付いているのでしばらくすると面白くなりましたが、腕の力は衰えている様でした。

学生時代には、連日作っていたので指先の力やそれに伴って左の腕に筋肉が付くくらいでした。
親指、人差し指、中指で作品をしっかりつまんで固定しながら作業するのでその3本分の筋肉が付いていましたが、今後の作業で復活するかな・・・


切り抜き作業終了

これから精密ヤスリで隙間にヤスリがけしていきます。
ヤスリは広島の仁方のヤスリが有名で精密ヤスリは学生時代より魚印の物を使っていますが正式名称はこの前知りました。

【魚地球印精密ヤスリ】
やはり広島の製造でした。

このブルーのパッケージのセットが無いと仕上げが出来ませんw
他のものは目が粗いwww

ちゃんとした道具なのでお値段もそれなりにしっかりしてますが、安く済ませようとするとこのレベルの道具は見つかりません。

黄色いパックのも持ってるんだけど目が粗い。どこのだったかな?

今では楽天やAmazonでも購入できるのでありがたいですね~。
専門店でしか購入できなかったので、摩耗したのを大切に使っていました。

いや、それじゃケガキだろって話ですが("^ω^)・・・
細かい部分のヤスリ作業にはとってもおすすめです。
なかなかそんな作業を日常持ってる人もいないとは思いますが。

いいんですよ~~~このヤスリ!
職人魂って感じで。

Amazon 

魚地球印 精密ヤスリ 10本組セット #6

楽天ポイントならこちらで。

8本、10本、12本のセットがあって初めはセット購入しても使うタイプは決まってくるので、摩耗したらバラで追加したいですね。

道具、材料フェチですね~ハマるんですよw

ヤスリを調べてたらちょうどHPに出会ったので、興味がありましたらどうぞ。勝手に紹介。
株式会社 広島鑢製造所さん http://www.hiroshimayasuri.com/
たびたびTVでも取り上げられてるみたいです。
「そ~だったのかンパニー」で見たことがあります。

ヤスリがけをして、バフ掛けをしてピカピカになって完成です。
(写真撮り忘れで省略w)

ちょっとヘラがけやパーツ付けはありますが、ピカピカに濡れたように光ると疲れが吹っ飛びます!

こんな感じで製作しています。

これは火の作業が無いので(なくて済むデザインにした)早かったです。
打ち出し物は結構時間が必要です。。。

また、別の物を紹介してみたいと思いま~す。(そのうち・・・)

-アトリエD.moon, 雑貨
-, , , , ,